お役立ち情報

ネパール人技能実習生について

現在、日本にいる技能実習生で最も多い国籍はご存知の通り、ベトナムです。
しかしベトナムも経済成長が進み国内に留まる人材が増えていること、また円安の影響もあって日本以外の国へ実習・留学・労働へ行く選択肢が増えています。
そのため、ベトナムの次に主流となる技能実習送出し国はどの国か、今のうちから考えておきたいところです。

今回は【ネパール】について備忘録的にまとめました。
ネパール送出し機関から聞いた情報、ウェブ上で調べた情報もありますが、参考にしていただけますと幸いです。

世界で唯一
四角形でないネパール国旗

・人口は約3000万人

・中国とインドに挟まれた南アジアの内陸国

・公用語はネパール語

・平均収入は約1万8000円/月(2019年時点)

・性格は控えめで協調性がある(山に囲まれ、資源も少ないという立地的な特性により、トラブルを避け協力するようになったと推測される)

・大きな経済発展をしてきていないため、競争意識が高くなく、全体としてのんびりとした国民性
のんびりしているため時間に対してもルーズなので教育が必要。

・少し古いが2019年12月末時点での国内在留の技能実習生人数は403人(留学生は2021年5月時点で約1万8000人)

・送出し国をベトナムから切り替える流れが出てきているため、送出し機関にも問い合わせはが増えてきている

・実習先は建設・農業職種が多く、特に建設は人気職種

・技能実習生が少ない原因は、2015~2016年頃に入国した実習生が難民申請をするケースが多かったため、と言われている

・国自体としては中東諸国への送出しが主流(注力している)

・ネパールは日本語と文法(文章の順番)が同じなので、他国よりも日本語を覚えるのは比較的早い
また義務教育が英語なので、フィリピンほどではないが、英語の日常会話はある程度可能(高卒以上)

・約8割がヒンドゥー教であり、宗教上牛肉は食べられないので配慮が必要

・ネパール語対応ができる日本の監理団体は少ないので、日本語と英語での対応が基本
面談等は送出し機関にオンライン通訳対応をしてもらう

この仕事をしていても、ネパール人技能実習生の話を聞くことはまだ多くありません。
しかし多くの企業様から、ネパール人留学生アルバイトを雇用している話を聞く機会が増えたので今後の可能性を感じます。
留学生から特定技能や技人国ビザに資格変更して日本で就労するパターンも増えるでしょう。

【ネパール】 今後要注目ですね。

ビジネスプラザでは、日本で学びたい技能実習生を受入れてくださる企業様や、特定技能導入にご興味のある企業様のお問合せをお待ちしております。
お気軽にご連絡ください。

技能実習生・特定技能外国人は要注意 扶養控除の適用条件が変更になりました!

2023年1月より国外居住親族への扶養控除の適用対象となる要件が厳格化され、
これまでは「16歳以上であること」が要件でしたが、下記のように変更となりました。

【2023年1月から】
・16歳~29歳、70歳以上⇒適用(親族関係書類が必要)

・30歳~69歳については、以下に該当する場合は、扶養控除が適用されます。
①留学(親族関係書類、留学ビザ等書類が必要)
②障害者(親族関係書類が必要)
③国外の家族へ38万円以上の送金がある(親族関係書類、38万円以上の送金明細が必要)

ビジネスプラザでは、上記内容についてまとめたものを作成しております。
また、実習生たちに向けてベトナム語版に翻訳したものもご用意しております。

今後も、情報更新や変更などがあった際には最新の情報をお届けいたします。

自動車運転免許の取り方~技能実習生・特定技能も

技能実習生の随時3級検定立ち合いがあり、現地集合をしました。
検定会場は駅からは離れており、バスまたは車での移動でした。また検定に使用する道具、材料など持参する荷物もありますので、車の方が便利です。

このような場合、だいたい日本人社員の方が検定会場まで送るケースが多いのですが、今回はなんと特定技能外国人(もともとは技能実習生)が送ってくれました。
前回の訪問時に、免許を取ったんですよ、と聞いていたのですが、さっそく自分で運転する車で現れるとは思わず、びっくりしました。

外国人が免許を書き換える場合、
(1)日本人同様、自動車教習所に通う方法と、
(2)現在有効な外国免許を持っている場合は、書き換える
という方法があるかと思います。


(1)は母国語対応の合宿などもありますので、そういう施設を活用するのもいいかと思います。
(2)の有効な免許を持っている場合は、その国で3か月以上滞在していることも求められます。また日本に来てからは、都道府県の運転免許試験場などで実技と学科の試験を受けて、合格すれば日本の自動車免許に書き換えることができます。
※日本人も同様ですが中型免許(積載4.5トン以上)は自動車免許2年経験が必要です。
★一例として静岡県警のURLを貼っておきます。http://www.pref.shizuoka.jp/police/shinse/menkyo/kirikae.html

これから増えていくであろう外国人の自動車運転免許。交通法規を守ってご安全に!

Visit Japan Web~入国をよりスムーズに~

Visit Japan Webとは、海外から入国する外国人、海外より帰国する日本人が入国手続き「入国審査」、「税関申告」をWEBにて行うことができるサービスです。
2022年11月1日からは、上記に加え「検疫」も利用可能となりました。
飛行機到着から空港を出るまでの流れがスピーディーになるので、利用が推奨されています。

現在、「入国審査」「税関申告」については、下記空港にて実施されています。
・成田国際空港
・羽田空港
・関西国際空港
・中部国際空港
・福岡空港
・新千歳空港
・那覇空港
※「検疫」は、すべての空港で利用が可能です。

Visit Japan Webは下記の流れで登録を行います。

デジタル庁 Visit Japan Webサービスページより引用

Visit Japan Webを利用するには、アカウントの作成・ログインが必要となります。
下記QRコード、URLよりログイン・アカウント作成画面へ遷移します。
メールアドレスにてアカウントを作成することができます。

デジタル庁 Visit Japan Webサービスページより引用
https://www.vjw.digital.go.jp

ログイン後は下記の手順にて登録を進めます。

利用者の情報入力(同行者がいる場合は同行者の入力も可能)

デジタル庁 Visit Japan Webサービスページより引用

入国や帰国などのスケジュールを登録します。

デジタル庁 Visit Japan Webサービスページより引用

登録したスケジュールにおける手続きの情報を入力
 ・検疫(ファストトラック)
 ・入国審査(外国人入国記録)
 ・税関申告(携帯品、別送品申告)
 ※日本人と再入国する外国人は不要

デジタル庁 Visit Japan Webサービスページより引用

入国・帰国時の手続きでQRコードを表示する
 ・検疫のQRコード
 ・入国審査のQRコード※1
 ・税関申告のQRコード※2
 ※1 日本人と、再入国は提示不要
 ※2 電子申告用専用ゲートの通過が可能となる

デジタル庁 Visit Japan Webサービスページより引用

上記手順、詳細については下記URLをご参照ください。
https://vjw-lp.digital.go.jp/

今後も、入国手続きなどに変更があった場合には、最新の情報をお届けします。

年末年始休みの不法就労注意~技能実習生はアルバイト不可~

技能実習の在留資格では、技能実習の範囲内でしか活動することが認められていません。

つまり技能実習とは関係のない場所、関係のないもので収入を得ることは禁止されています。

例として、実習先の会社が年末年始など長期休みがある場合、その間に別な会社で
アルバイトをすることは違反です。
またFacebookでもよく見かけますが、SIMの販売や化粧品の転売などで収入を得ることも違反です。

アルバイトに関しては、働いた本人だけでなく、働かせた会社側も「不法就労助長罪」
として罪に問われます。
「知らなかった、本人が大丈夫と言った」では済まされません。

休日はしっかりと体と心を休めるように実習生には指導しましょう。
実習だけでなく、日本文化を学ぶ、日本のことを知るのも大事です。感染症対策をしっかりして、旅行に出かけるのも良いと思います。
何かあったときのために事前に行き先や日程も、監理団体、実習実施者と共有しておくことを
おすすめします。

安全に、法律を守って実習を終え、日本を好きになって帰国して欲しいですね


技能実習生の日本語勉強方法・手段 ~スマホアプリを使ってみよう~

技能実習生の入国も一段落し、順調に実習も始まっていることと思います。

コロナ禍の前からもそうでしたが、やはり実習生の日本語力向上は永遠の課題です。
勉強の習慣をつけるのがなかなか難しいように思います。

8月1日に、外国人技能実習機構から無料の日本語教育アプリが配信されました。

英語、中国語、ベトナム語、インドネシア語、カンボジア語、タイ語、タガログ語、ミャンマー語の8言語に対応しています。

実習生が実際に現場で経験するシチュエーション、会話がピックアップされています。

そのシチュエーションの会話のやり取りを一通り見た後に、理解度チェックのクイズがあります。

正解すると、にっこりマークが出てきました。
会話以外にも、文章を見ながら音声も聞いて回答する単語テストもあります。

レッスンをクリアしていくと、この豆柴が変化していくのかも?

ゲーム感覚、遊び感覚で暇な時間、ちょっとした隙間時間にやってもらうのが良さそうです。
勉強した記録が残るタイプなので、巡回訪問時に随時確認することもできます。大事なのは積み重ねなので、少しづつでも勉強する習慣が身につけば…
ゲーム感覚でも、それで1つ、2つ単語を覚えてくれれば儲けものですね。

アプリをダウンロードして、最初にメールアドレスやパスワード、生年月日などの登録が必要なので、そこだけちょっと手間かな、と感じました。
気軽に勉強できるのがスマホアプリの利点なので、実習生が最初の入力を面倒くさがるかも。

監理団体も実習実施者も、日本語学習の大切さを何度も何度も伝えましょう。実習生本人にプラスになるのはもちろん、一緒に働く側、サポートする側も楽になります。

実習生・特定技能入国関連についての情報(水際対策措置の見直し)

2022年6月1日からの水際対策措置の見直しについて、日本政府より発表がありました。

国・地域を『赤』・『黄』・『青』の3つに区分し、

★『赤』の国からの入国者

ワクチン3回接種証明書あり→日本入国時の検査有、入国後の待機7日間(自宅等)※

ワクチン3回接種証明書なし→日本入国時の検査有、入国後の待機3日間(検疫所施設)

★『黄』の国からの入国者

ワクチン3回接種証明書あり→日本入国時の検査なし、入国後の待機なし

ワクチン3回接種証明書なし→日本入国時の検査有、入国後の待機7日間(自宅等)※

★『青』の国からの入国者

日本入国時の検査なし、入国後の待機なし

(※)4日目に自主PCR検査を受けて陰性確認した場合は隔離終了

技能実習生の国籍として多い国のベトナムは『黄』に分類されております。ワクチンを3回接種したかどうかで入国後の措置が変わるようです。

他、インドネシア、ミャンマー、タイ、中国は『青』に分類されておりますので、今後はスムーズに入国する事ができそうです。

タイへの帰国手続きまとめ

タイ人技能実習生の帰国が控えているため、備忘録として帰国前の準備・手続きについてまとめました。
(2022年2月1日時点では、ワクチン接種完了者は実質隔離免除の「Test&Goプログラム」が再開されています)

①ワクチン接種証明書の申請・取得(ワクチン接種済みの場合)

②航空券手配(タイー日本は定期便運航中)

③AQ(政府指定隔離施設)ホテル手配
到着1日目と5日目の宿泊予約証明書必須

④Thailand Passの申請(入国許可申請)
大使館HPから手続き(タイ語の案内のみ、送出し機関等のサポート必要)

⑤PCR検査(出発72時間以内に発行されたRT-PCR検査陰性証明書)

③について補足しますと、タイ入国後のPCR検査を到着当日と5日目に行います。
その検査結果が出るまでホテルで待機するため、1日目と5日目のホテル予約が必要となります。
2~4日目については、1日目の検査で陰性であれば自由に行動することができます。
移動手段も制限が無いので自宅に帰っても問題ありません。これが実質隔離免除ということですね。

一時帰国からの再入国

出入国時のポイント(出国)

・ワクチン接種証明書(海外渡航用)
→役所で発行可能。ワクチン接種した際の控えを持参。本人を証明するもの(パスポート&在留カードの原本が必要な場合もある)、返信用封筒(84円切手貼る)、代理人申請が可能。受け取りはその場か後日郵送か、役所によって異なるため事前に確認しておくこと。

・PCR検査+英文の陰性証明書+血清特異性IgM抗体検査(中国のみ)
→できれば鼻ぬぐい方式、検査時間から70時間(ベトナム)・72時間(インドネシア)・48時間(中国)以内

・各国特有の健康申告(アプリなど)

出入国時のポイント(再入国)

・PCR検査
→出国前検査証明(各国語版ありhttps://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html

・アプリ登録(スマホ持参)
→MySOS(入国者健康居所確認アプリ)、COCOA(接触確認アプリ)のダウンロード

・入国後自主隔離(7日間)

無事インドネシアから一時帰国した3号実習生、リフレッシュできた様子

日本到着後の検査で2時間ほどかかります。空港からの移動は公共交通機関を使えませんのでご注意ください。

中国人技能実習生はご注意を!帰国前の検査が追加

2022年1月19日より日本から中国へ渡航の際、現在の防疫措置に加え、新たにPCR検査と健康観察が必要となりました。具体的な要件は以下の通りです。

1.搭乗予定日の7日前にPCR検査を実施
2.検体採取日から7日間(搭乗の前日まで)の健康観察及び自己健康状況観察表.docxの記入
3.搭乗予定日の48時間(2日)以内に、PCR検査と血清特異性IgM抗体検査を両方実施
4.搭乗予定日1日前20:00までに、健康コード申請書類をまとめてアップロード

上記すべての検査は中国駐日本国大使館・総領事館が指定する検査機関で実施しなければいけません。

例:渡航予定日が2022年1月19日の場合、1月12日にPCR検査を行い、1月12日〜18日は健康観察と「自己健康状況観察表」の記入、搭乗予定日の48時間(2日)以内に“ダブル検査”行い、1月18日20:00までに健康コード申請書類をアップロード

中国大使館HP「よくある質問」もご確認いただくことをおすすめします。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lszc/202201/t20220112_10481343.htm