その他

日本にいながら帰国・旅行気分を~技能実習生、受入れ関係者にもおすすめイベント~

日本を含め、世界的に水際対策は緩和傾向にあり、技能実習生の入国も進んでいます。
現地での採用面接や海外旅行も行きやすい環境、状況にもなってきましたが、まだ少し様子を見ている人も多いのではないでしょうか。

一方で日本国内では、コロナ流行後から自粛が続いていたイベントの再開が目立ってきました。
先日も東京・代々木公園でのベトナムフェスティバルが、コロナ以前と同じ規模で開催され(昨年、一昨年は規模を縮小して開催)、約15万人が来場するほど盛況だったようです。
https://www.vietnamfes.net/

宮城県仙台市では6月末にタイフェスティバルが開催されます。
https://thaifestival-sendai.com/
こちらは昨年、一昨年とリアル開催は自粛し、オンライン上での配信イベントとして開催だったため、3年ぶりの今回は盛り上がりそうですね。
弊組合のタイ人実習生にもこのイベントを案内したので、行って楽しんできてもらいたいですね。

実際に海外には行けなくても、帰国しなくても現地の雰囲気は感じることができると思います。
実習生はリフレッシュのために、実習生受入れ関係者の方(実習実施者・監理団体)は彼らの母国・背景を感じるために、一度参加してみて欲しいですね。

感染対策は徹底した上で、このようなイベントを楽しむのも良いのではないでしょうか。

日本文化も体験してほしいですね


技能実習生の面接について

コロナ禍のため、なかなか新規の実習生採用面接が出来ない状況が続いております。

今現在受け入れている実習生が期間満了を迎えている会社様も多く、早く次の実習生の受け入れに向けて面接をしたい、というご要望を多く頂いております。

オンラインでの面接も可能ですが、やはり直接本人と会う、対面での現地面接を希望される会社様が多数です。しかし依然として国内外のコロナ感染状況は落ち着いたとは言い難く、海外渡航はまだ控えていただきたいのが正直なところです。

特に採用面接の問い合わせが多い2国について、簡単に現状をお伝え致します。

★ベトナム

ベトナムの保健省が今月15日に発表したガイダンスによると、出国前72時間以内にPCR検査を実施し、陰性が確認できていれば入国後の隔離はなくなるようです。また、渡航(入国)のためのビザも、一部の国に限りますが不要となりました(※日本もビザ不要の対象国です)。

このように、現地での面接も可能になりそうな動きは進んでおりますが、ベトナム国内のコロナ新規感染者数は未だ増加傾向にあります。もう少し様子を見た方がいいかもしれません。

日本にいながらオンラインでの面接であれば実施は可能です。
しかし、大人数の候補者を一箇所に集めるという事が地域によってはNGのため、小人数ずつに分けて実施するか、もしくは各家庭(個人のスマホ等)と繋いでの面接という形で実施となります(今月もこの形式で実際に面接を行っている会社様もございます)。

★インドネシア

渡航のためにはビザ取得が必要。現地到着後、隔離1日あり。※ワクチン2回接種済みの場合、隔離後に自費でPCR検査することが条件。

2022/3/16時点では、外務省海外安全情報にて感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)が出ております。危険情報レベルが下がらない限りは、渡航は見合わせた方がいいのかと思います・・・。
インドネシアもオンラインでの面接は可能です。送り出し機関に候補者を集めて実施する事ができます。

今後も現地情報が更新され次第、このブログでもお伝えしていきたいと思います。

中国人技能実習生はご注意を!帰国前の検査が追加

2022年1月19日より日本から中国へ渡航の際、現在の防疫措置に加え、新たにPCR検査と健康観察が必要となりました。具体的な要件は以下の通りです。

1.搭乗予定日の7日前にPCR検査を実施
2.検体採取日から7日間(搭乗の前日まで)の健康観察及び自己健康状況観察表.docxの記入
3.搭乗予定日の48時間(2日)以内に、PCR検査と血清特異性IgM抗体検査を両方実施
4.搭乗予定日1日前20:00までに、健康コード申請書類をまとめてアップロード

上記すべての検査は中国駐日本国大使館・総領事館が指定する検査機関で実施しなければいけません。

例:渡航予定日が2022年1月19日の場合、1月12日にPCR検査を行い、1月12日〜18日は健康観察と「自己健康状況観察表」の記入、搭乗予定日の48時間(2日)以内に“ダブル検査”行い、1月18日20:00までに健康コード申請書類をアップロード

中国大使館HP「よくある質問」もご確認いただくことをおすすめします。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lszc/202201/t20220112_10481343.htm

技能実習生の検定試験が難しい~ものづくりマイスター制度でレベルアップ~

外国人技能実習生は、基本的には1年目・3年目・5年目に技能検定試験(技能実習評価試験)を受験することが必須です。技能実習計画の認定基準として、「技能実習の目標」が試験の合格となっているため、実習計画にそう記載しているからです。(やむを得ない理由がある場合は不受験を認められます)
技能実習2号から3号に移行するための条件として、実技試験の合格が定められていることもあり、受験するからには合格を勝ち取りたいのは、監理団体、受け入れ企業、実習生みんな同じ気持ちです。

しかし随時3級(専門級)、随時2級(上級)ともなってくると課題のレベルが高く、また使用する機械・工具もアナログなものに限定されているため、指導する側の日本人従業員も苦戦することがあります。
そうならないためにも、実習生だけでなく指導する側も技術向上していかなければなりません。

実はぴったりな国の事業があるのです。
若年技能者人材育成支援事業(ものづくりマイスター制度)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/monozukuri_master/index.html(厚生労働省HP)
「ものづくりに関して優れた技能、経験を有する方(ものづくりマイスター)が、企業や学校などで若年技能者への実践的な実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行う」事業です。しかも国の支援事業のため、費用は掛かりません。
ただ勘違いしてはいけないのが、この制度はあくまでも従業員(日本の将来を担う技能者)の技能向上のため、というのが趣旨であり、技能実習生の検定試験対策ではないということです。
しかし指導内容を検定試験の課題にしてもらう、というのは相談できるかもしれません。事業所全体へ講習をしてもらい、その中に従業員である実習生がいるのは自然なことですよね。

ものづくりマイスター検索データベース

このように、県ごと・職種ごと・講習可能な時間帯等で検索することもできます。
まずは各県の地域技能振興コーナーへ相談してみることをおすすめします。
https://monozukuri-meister.mhlw.go.jp/mm/mm/contents/corner/index.html

実習生だけでなく、会社全体のレベルアップにも繋がりますので是非活用してみてください。

外国人技能実習機構がパンフレットを発行

外国人技能実習機構(OTIT)が事業概要をまとめたパンフレットを発行しました。

https://www.otit.go.jp/files/user/210831-1.pdf

技能実習制度の概要から仕組み、流れについても図解付きで説明しているので、これから技能実習生を受け入れる企業様や、既に受け入れているが理解を深めたいと考えている職員の方にはちょうど良さそうですね。

なかなか実習生が入国できない今だからこそ、座学の知識を増やして受入れ後に備えておきたいところです。

技能実習生手帳がアプリに

技能実習生手帳とは、技能実習生の日本での実習を支援することを目的として外国人技能実習機構が作成したものです。
技能実習関連法令や相談窓口のほか、日本で生活を送る上で知っておくべき知識等も記載されています。

入国時に紙の手帳で配布されており、携帯しやすい大きさではありますが、実習生は普段外出する際にはあまり持参していないようでした。
その実習生手帳がスマートフォン向けアプリとしてリリースされ、より使いやすくなりました。

ホーム画面

9か国語に対応

従来通りの手帳もそのままデータで搭載

技能実習生も日本でコロナワクチン接種できます

外国人技能実習生からも、コロナワクチン接種券が届きましたという問い合わせが増えてきました。
「日本国内に居住する外国人は、原則として接種の対象」となるため、当然技能実習生も日本で
ワクチン接種をすることができます。

厚生労働省から、各国語版の予診票や説明書も出されているので活用したいですね。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_tagengo.html(厚生労働省HP)

接種予約は電話やオンラインなど自治体によって異なるようですが、実習生自身で手続きを進めるのは
難しいと思われますので、やはり監理団体や受け入れ企業側のサポートは必要です。

ワクチン接種後の副反応による体調不良などで、翌日の勤務への支障や生活のケアが必要となる
可能性も考えると、実習生が大人数いる場合は同日に全員接種するよりも複数回に分けてリスク分散
するのが良いかもしれません。

また実習生自身にもワクチンの効果や副反応があることについてしっかりと理解してもらった上で
実施したいところです。

国勢調査が実施されます(技能実習生も対象です)

総務省より、9月14日から日本に住む全ての人を対象とした『国勢調査』が実施されます。

5年に1度実施されている為、日本人であれば「あ~今年は国勢調査かあ」と割と馴染みもありますが、実習生には「???」だと思います。

組合からも、巡回の際には案内をしておりますが、国勢調査は実習生も対象となります。(※外国籍の人でも滞在期間3ヶ月以上であれば対象)

今年度からはインターネットでの回答ができるようです。外国籍の人向けにも多言語での案内がございます。これなら実習生も問題なく回答できそうですね!

【関係リンク】
「国勢調査2020総合サイト」
○トップページ
https://www.kokusei2020.go.jp/

○調査票の記入のしかた Language support(がいこくごサポート)
https://www.kokusei2020.go.jp/household/language.html

日本の夏、ベトナムの夏

梅雨が明け、暑い夏がやって来ました。

私達日本人は、真夏のギラギラした太陽を想像しただけでぐったりして
しまいますが、ベトナム人実習生は夏の暑さには強いようです。

というのも、ベトナムの夏はもっと暑いのです!

ベトナムでは5~10月頃まで雨季となり、湿度80%前後のじっとりした
日々が続きます。暑い日は気温も40℃近くまで上昇するようです。

「毎日暑くなるよね~」と言っても「大丈夫!」という元気いっぱいのお返事。

ベトナム人実習生は、夏の暑さは平気だけど、日本の冬が苦手、という人が
多いようですね。ベトナムの冬は日本よりも気温が高いのです。

日本の夏と言えば・・・お祭り、花火大会、野外音楽フェス等、毎年楽しい
イベントが沢山ありますが、今年は残念ながらコロナウイルス感染拡大防止の
ために相次いで中止が決定しているようです。

今年は、いつもとは違った夏の過ごし方を考えなければいけません。
3密を避けての生活を心がけ、大人数でのパーティーや集まりは
自粛した方が良いですね。

技能実習生も定額給付金の受給対象ですよ!

今話題となっております、1人当たり10万円が給付される定額給付金ですが
「令和2年4月27日に住民基本台帳に記録されている者」が対象なので、
技能実習生も同様に給付の対象となります。

既に申請書が郵送で届いている地域もあるかと思いますが、弊組合の監理
している実習生からも「私たちも貰えるの?」「いつ届くの?」と随分前から
連絡が頻繁に来ておりました。

実習生たちは大喜びで楽しみしていましたが、私たち監理団体からすると
「申請代行を装った詐欺に引っ掛からないか」「申請のサポート体制は」と
不安、対応方法の検討がまず最初に浮かびました。

技能実習機構からも給付金について案内が出てきましたが(下記機構HP)
https://www.otit.go.jp/files/user/docs/200514-5.pdf
弊組合も早い段階で、給付金案内リーフの作成(概要説明、詐欺注意喚起)
申請書の母国語への翻訳を行い、各企業、実習生へ案内をしておりました。

これから本格的に実習生の元へ申請書が届くようになるとまた、色々な問題が
出てくるでしょうが、引き続き企業様と協力して実習生のサポートをして
いきたいと思います。

早く以前の日常が戻るよう、全員で力を合わせて頑張りましょう。

        stay homeでも楽しく