溶接試験合格おめでとうございます

11月中旬に実施された初級溶接技能評価試験に

見事に合格しました。

3か月間を勉強した結果が、良い結果につながりました。

合格証書に手に取った4人は笑顔を見せました。

合格おめでとう

合格おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

また、2年後の専門級溶接技能評価試験に向けても

頑張ってほしいです。

 

技能実習新制度スタート!ビジネスプラザが許可監理団体に。

本日から、新しい技能実習法がスタートしました。
書類・基準なども大きく変わることとなります。
更に気を引き締めて邁進して参りたいと思います。
 
制度スタートとともに、技能実習機構から「監理団体許可」が発表となり、
今回私ども協同組合ビジネスプラザが特定監理団体許可を1番で受けることができました!

技能実習機構の「監理団体一覧(特定監理事業) (平成29年11月1日現在)」
http://www.otit.go.jp/files/user/docs/kyoka_03.pdf
↑項番は62番です。

さらに優良(一般)監理団体を目指していきます。

技能検定 基礎級

日本に入国して、実習がはじまり

社員さんとも仲良くなり

仕事も日本語も覚えてきた頃・・・

実習生は 「技能試験基礎2級」の道を

通らなければいけません。

この合格で2年目への移行ができるのです。

 

実「難しいですか?」

組「もちろん」

実「落ちたらどうしますか?」

組「そうですねえ、2回落ちたら・・・(;_;)/~~~」

実「・・・!!」

 

 

問題はひらがなで出るのですが、筆記試験には

「すいようせい」「かきげんきん」

など、漢字のほうが有利な場合もあります。

実「すいようせい?・・・すいようび??」

実「かきげんきん?・・・柿 元気??」

など、こちらは思わず吹いてしまうのですが(すみません)

やはり、いろいろと日本語は難しいようです。

 

でも皆さん、やっぱり頑張るんです。

過去問題を自分で訳して、社員さんに確認してどんどん

解いていきます。ひっかけ問題もありますよ。

基礎の問題なので、昔ながらのやり方の問題もあります。

 

写真は 見事合格した 機械作業の試験。

P_20170913_123747

 

 

 

 

 

少し出来栄えが気に入らなかったとのことですが、

60点とれていれば合格です。

「合格したということは、技能士になるということ」

合格証書を手にしたときは、また一段、向上していますね。

ベトナムハノイの実習生お宅訪問

今回はハノイの実習生宅を訪問しました。

家では、豆を原料にした麺をつくっていて、村中すべてが同じような仕事をしています。

お父さんがそれはそれは熱く語ってくれました!

お父さんの後ろのカンヌキは、大事な日にしか抜かないそうです。

写真には写っていませんが仏壇(神様?)があり、

そちらのお祈りの時だけカンヌキは抜かれます。

「豆を原料にした麺です!」と力強く語る父と娘(実習生)

「豆を原料にした麺です!」と力強く語る父と娘(実習生)

帰国とトラブル

別れを惜しむ

別れを惜しむ

9月下旬のある金曜日、3年間の実習を終えた実習生が帰国予定でした。

DSC_04

お世話になりました

 

しかし、今回は国内線の飛行機が機材トラブルで飛ばなくなり、国際線に間に合わなくなってしまいました。

 

さぁ大変です。

急なトラブルで帰国できず泣き出す実習生も。

在留期限も今日で切れてしまう。入管に確認すると、4000円の手数料を払えば出国できると言われたので翌日土曜日の便を手配。

 

その翌日、いざ空港に行ってみると

止められた!品川の入管に手続きをしに行かないと出国できないとのこと。

 

また泣き出す実習生、一方では諦めモードの実習生(笑)

 

週明けの月曜日に品川の入管で「短期滞在」の「特別許可」をもらい火曜日に帰国できました。

 

帰国もこんなリスクがあるということを、勉強させられました。

組合講話

組合講話様子

組合講話様子

日本へ入国してきた実習生が1ヶ月間日本語を勉強している間、私は数回にわたって「組合講話」というものを実施しています。

すでに現地で勉強はしていますが、文化やルール、社会人としての意識を再度教育します。

 

会社に入って、まず初めに自己紹介をします。お決まりの自己紹介はつまらないので 、もっと自分を知ってもらうような自己紹介を考えてもらうようにしています。

料理が得意です!

料理が得意です!

自己PRが苦手なベトナム人は決まり文句を言う傾向があります。

 

そんな中、前回の組合講話ではベトナムの民謡を歌った子がいました。とても良いPRでした。

組合講話では、悪い人についても説明します。

 

悪い人というのは、在留カードをコピーしたり、不法滞在者に仕事を斡旋したり、銀行口座を売買したり、さまざまです。

そういったことを隠さず話すようにしています。なお、警察のホームページから関連する資料はダウンロード出来ます。

 

今後も実習生が経験しうる内容を盛り込んでやっていきます。

 

実習生の帰国(空港でのお見送り)

帰国する実習生

帰国する実習生

           溶接会社に勤務して3年間を経ちました。

             技能実習生活が今日で終了となりました。

帰国して幼い娘の顔を今すぐ見たい実習生曹さん

と貯めたお金で親孝行したい李さんでした。

手に持っているのは

会社から頂いた思い出がたくさん詰まった卒業アルバムです。

入国したとき、配属したとき、会社の方と社員旅行に行ったときなど

思い出が全部入っています。

卒業アルバムを手に取ったとき泣きそうになりました。

卒業アルバムに感動

 

 

ベトナム人実習生配属

先日、千葉県にある企業様へベトナム人実習生2名の配属に行ってまいりました。

今回配属の実習生の職種は「溶接」の2名となります。

配属先の企業様には、中国人実習生やベトナム人実習生が先輩として働いており、先輩が後輩の面倒を良く見てくれます。

先輩の実習生が後輩の面倒を見ることにより、非常にスムーズに業務の引継ぎや研修が進んでおります。

また、こちらの企業様では、配属初日に会社の上長や先輩実習生による歓迎会が恒例となっております。

今回も歓迎会にお邪魔してきました。

先輩実習生は、自分が配属した日を思い出すように暖かく迎えている光景が印象的でした。

これから3年間、是非頑張って欲しいです。

ホーチミン(ベトナム南部)の技能実習生面接と家庭訪問

ヨッシャー!やったるでー!どないやー!(雰囲気でアフレコ)

ヨッシャー!やったるでー!どないやー!(雰囲気でアフレコ)

家族でモッハイバーヨー!

家族でモッハイバーヨー!

メコン川

メコン川

前日に面接をした合格者のうち、1名の家庭訪問を行ないました。
彼の家はホーチミンから車で3時間半。メコン川支流にあります。
幹線道路からの家まで通じる道は幅員1メートルくらいの狭い道。
そこをバイクの後ろに乗って約1.5km走りました!刺激的ですね。ただ同じ幅で欄干のない橋を渡るのはスリル。
バイクや背中をつかむ手に力が入ります。
ご両親やおじいさんにお会いしてきました!昼ごはんをごちそうになってしまいました。
日本で待っています。

2017年第2回の日本語能力試験

2017年第2回日本語能力試験の申込む受付は8月31日(木)から開始しました。

試験日は今年の12月3日の日曜日となりました。

申込方法はインタネットによる申込みと郵送による申込むがあります。

試験実施案内: http://info.jees-jlpt.jp

多くの実習生に受験し、合格してもらえるよう、ビジネスプラザでは奨励金制度があります。9180[1]