ベトナム

全世界からの入国が可能に

観光客を除いて、全世界からの入国を来月から一部解禁と政府は発表しました。

朝日新聞によると、政府は来月初めにも、全世界からの新規入国の受け入れを一部再開する方向で検討に入りました。

ビジネス関係者に限らず、3か月以上の中長期の滞在者を主な対象とし、観光客は除きます。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2週間待機などの条件を課し、入国枠も最大「1日1千人」程度に絞ります。

現在、世界の159か国・地域について、日本からの渡航中止を勧告し、外国人の入国は原則拒否しています。これまでは例外措置として、感染状況の落ち着いているアジアなどの16か国・地域を選び、ビジネス関係者の往来再開に向けて交渉していました。

このうちタイやベトナムなど7か国・地域との間では7月末以降、長期滞在者の往来が再開しました。これを受けた感染拡大が「現時点で見られない」ほか、欧米などの要請もあり、全世界からの入国を緩和する方向となりました。入国拒否の例外を拡大する形で、人数や条件の面で制限をかけつつ、対象の在留資格や地域を広げます。

弊組合ではタイとベトナムの新規入国技能実習生に対し、レジデンストラックを使ってビザの発給申請をしています。

入国緩和によって、母国でお待ちいただいた技能実習生たちがようやく入国できる日が見えてきました。

帰国困難者 ベトナムSOS便 その2

ベトナムSOS便で帰国した実習生から報告をいただきました。

離陸前、成田空港で写真の防護服を配布され、これで飛行機に乗ったそうです。
もちろんCAさんも防護服です。

飛行機は換気が良いと聞きますが、やはり暑かったようですよ。

ベトナムへ到着後はバスに乗り、専用の隔離施設へ。

前回写真を載せましたが、敷地内は広く、環境はよさそうですね。

お部屋の様子です。

食事は まあ バランスは良さそうですが・・・

2週間経過後は 家族に迎えに来てもらい 無事帰還しました。

お疲れ様、本当に。

技能実習生 レジデンストラックで入国再開へ

先日、日本政府は国際的な人の往来再開に向けた段階的な措置を発表しました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html

「タイ、ベトナムの2か国を対象に、現行の水際措置を維持した上で、追加的な防疫措置を
条件とし、出入国に例外的な枠を設ける。」というのが概要です。
これは在留資格「技能実習」も対象となっているので、やっと実習生も日本へ入国できる
可能性が高まってきました。

しかし通常の入国とは異なる条件、必要な準備なども多く定められています。
いくつか例として挙げますと
・出国前72時間以内のPCR検査、陰性証明書の提出
母国でコロナウイルスが陰性であるということは当然大前提ですね。
・入国時に空港内でPCR検査を実施、また入国後14日間は行動範囲を限定
(公共交通機関の利用不可、個室での待機)
入国前に個室管理のできる宿泊施設とそこまでの移動手段を確保していなければなりません。
・LINEアプリによる定期的な健康報告、地図アプリ等による位置情報の保存
14日間の間、事前に準備していたスマートフォン等により、毎日の報告と位置情報の保存が
義務付けられています。

実習生が無断で外出するなど、これらに違反した場合は受入れ先の企業名も公表される
リスクを伴うことを理解いただく必要があります。

上記以外にも必要な手続きや留意事項がありますので、詳しくは外務省HPをご確認ください。
弊組合へもお気軽にお問合せください。

とはいえ不確定要素もまだ多く、変更が発生する可能性もある状況です。
引き続き情報収集に努めます。

日本の夏、ベトナムの夏

梅雨が明け、暑い夏がやって来ました。

私達日本人は、真夏のギラギラした太陽を想像しただけでぐったりして
しまいますが、ベトナム人実習生は夏の暑さには強いようです。

というのも、ベトナムの夏はもっと暑いのです!

ベトナムでは5~10月頃まで雨季となり、湿度80%前後のじっとりした
日々が続きます。暑い日は気温も40℃近くまで上昇するようです。

「毎日暑くなるよね~」と言っても「大丈夫!」という元気いっぱいのお返事。

ベトナム人実習生は、夏の暑さは平気だけど、日本の冬が苦手、という人が
多いようですね。ベトナムの冬は日本よりも気温が高いのです。

日本の夏と言えば・・・お祭り、花火大会、野外音楽フェス等、毎年楽しい
イベントが沢山ありますが、今年は残念ながらコロナウイルス感染拡大防止の
ために相次いで中止が決定しているようです。

今年は、いつもとは違った夏の過ごし方を考えなければいけません。
3密を避けての生活を心がけ、大人数でのパーティーや集まりは
自粛した方が良いですね。

帰国困難者 ベトナムSOS便

新型コロナウイルスの影響で、帰国できないベトナム人のために

ベトナム大使館は定期的にSOS便を運航しています。

7月はハノイ着、ダナン着、ホーチミン着の3便が出ました。

しかしその便に乗るには優先順位があります。

掲示しているわけではありませんが、ベトナム大使館の話によると

・高齢や病気でベトナムでの治療が必要な人

・妊婦

・資金や住居がなく 生活困難な人   これらの方が優先されるようです。

この申請は ベトナム大使館のホームページにて申請する方法と

直接東京の大使館にて記入してくる方法があります。

搭乗日の5日くらい前にメールでチケット案内が届き、届かなければ

今回の便には乗れない ということになります。

優先され、帰国された方は 2週間の隔離機関を経過し 自宅に戻ります。

その間は ベトナムの軍事施設に 宿泊し 二人部屋で、毎回食事が用意され、もちろん 無料です。

今回は無事 一人の実習生が帰国できました。

今日で隔離期間が解け 彼女からの連絡を待つばかり。

さてどんな日常だったのか・・・

この続きは また次回。

テトの帰国

テトではありますが、今回帰国することにした実習生がいます。
会社の制度として、1.5年経った実習生は会社費用で一時帰国をする制度があり、
それを利用して日本のお正月に一旦実家に戻りました。
そこで知ったことは、お祖父さんが亡くなっていた、お母さんの病気が進行していた、お母さんを介抱しているお兄さんも病気になっていた・・・という辛い事実でした。
お母さんから、ぜひ帰ってきてほしい、との懇願もあり、彼は残り1年を待たずして帰国することを決意し、私の方へ連絡をしてきたのでした。
本人の意志も固いことから、本日帰国となったわけです。

成田空港で、豚骨醤油ラーメンを食べて、「いい会社でした。ありがとうございました。」と言い残して、保安検査場へ消えていきました。
いまでもFacebookで連絡を取っていますよ。

とんこつ醤油ラーメン。背脂がたっぷりです。

ホーチミン面接と定期巡回

ホーチミン面接に行ってきました。気温は30度以上で日中は暑いですが、夜はすごしやすい気候でした。
企業様が目を引く実習生はやはり愛嬌があり、最後まで諦めない姿勢を見せてくれる実習生です。
愛嬌は、パートの方と仲良くできるかどうかに関わってきます。緊張の中にも笑顔や表情の変化が見られる方がこちらも話しやすいですね。
最後まで諦めない姿勢は、与えられた課題に対してどう取り組むかを見て判断します。日本人でも同じですが、最後までがんばる方のほうがよく見えますよね。
合格の翌日に会社説明会を行いました。合格者のご家族(会場に来られる距離に住んでいる方)に来ていただき、お子様がどんな国に行くのかを理解していただきます。
候補生とその家族から質問なども受け付け、不安感を取り除いていただき、説明会終了後は安心した様子でした。
 

続いては巡回時の様子です。
実習生たちは企業様持参のテストをしました。日々勉強している実習生は当然点数がよい結果となります。
技能実習生は技能を修得することが目的ですが、技能を修得する上では日本語が欠かせません。
面接の際に、勉強の習慣があるかどうか見極めるのは難しいですが、そういった部分も重視しないと怪我に繋がったりします。
言葉が分からなくて危険が理解できない、ということの無いように私たちも日本語の勉強の指導は続けていきたいと思います。

巡回時の風景

ベトナム 編み笠

ベトナムの農村風景といえば 編み笠をかぶったお父さんお母さんが

手作業で田植えをしている姿が目に浮かびます。

 

かと思えば

美しい鮮やかな「アオザイ」を着た美女も さりげなく編み笠をかぶって

ポスターの中にいたりします。

 

この編み笠は「ノンラー Nón lá」といって 軸は竹ひご、素材はヤシなどの植物の葉を使用しており

風通しが良いので長時間かぶって手作業しても 軽いし 頭が蒸れることはなく

ベトナムの暑い日差しと急な雨から頭を守る、ベトナムの伝統品です。

実習生にノンラーの話をすると、何故か喜びますよ。

 

 

 

 

 

ベトナムは「頭に神様が宿っている」と考える方も多いので 守るとなると頷けます。

 

しかし

・・・お土産に選ぶときは注意が必要ですよ。

スーツケースに入らず、日本までかぶって帰ることになります(^-^;

 

 

成田空港で 相当浮いていた 私でした。

ハノイの技能実習生面接

ハノイの朝はまだ薄暗い明け方にもかかわらず、5時半にもなると街なかに自己流の集団体操や、買い物・朝食をしに人が集まってきます。
9時ころから始まる面接に、男性のベトナム人技能実習候補者が神妙な顔つきで会議室に2、30名集合しています。
「おはようございます!」。覚えたての日本語で元気よく挨拶して、面接会が始まります。

どこの国でも面接というものは緊張感があり、面接をする側もその空気に飲まれないようにしながら臨みます。

筆記試験、実技試験、グループ面談、個人面談などを行っていきます。
これだけ多くの候補者がいると、どうやって絞り込もうかというところにだんだんと軸は動きます。

最終的に8名の採用を行いました。
これからがんばって日本語を勉強してください。

会議室で計算問題に取り組む実習候補生たち。

会議室で計算問題に取り組む実習候補生たち。

ベトナム人実習生の面接に行ってきました。

ホーチミン(ベトナム)に面接に行ってきました。今回は面接の試験の他に筆記テスト・実技テストが実施されました。
    
実技テストは2つ、手先の器用さと体力のチェック。先ずは箸を使って時間内にでれだけ器用に豆を運べるか。単純作業ですが緊張からうまく掴めなかったり落としてしまったり・・他に実際の仕事中に持ち運ぶものと同じ重さの荷物の上げ下げ、スムーズに行なえる体力がないと実務でとても苦労します。

その後、グループ面接・個別面接を経て2名が合格しました。既に合格が決まっていて先に日本に行く勉強中の先輩たちと揃って記念撮影。明日より日本語の勉強が始まり、約半年後には日本へ入国となります。充実した日本での生活を送れるよう、日本語の勉強頑張りましょう!