技能実習生コラム

インドネシア面接

KIMG0331

先月、インドネシアの面接に行って来ました。

元気な女性が3人選ばれました。

日本で働くに当たりスカーフは巻けませんし(機械に巻き込みの恐れがある)

お祈りの時間も日中は取れません。

そういった説明をしたうえで、実習に来ていただきます。

これから、年明けの入国まで日本語を勉強します。

ぜひがんばってくださいね!

 

KIMG0332

ホーチミン メコン川

今回の面接は、ホーチミンでした。

手先の器用さ、正確性を実技試験で判断し、

口頭面接で適応性を判断します。

1日で判断するのは困難ですが、選ぶ方も選ばれる方も面接で出会えたのは運命だと思って全力です。

KIMG0283 KIMG0284

今回もご縁があった4名が合格。

 

こちらは有名なメコン川

KIMG0291

 

天候不良

羽田から

羽田から

地方空港へ配属のため出発しましたが、

天候不良のため引き返してしまいました!

 

飛行機は時便を待つも欠航。

仕方なく一泊。

翌日無事到着しました!

 

2回目羽田

2回目羽田

いろんなトラブルがありますね。

ベトナム人実習生のハノイとホーチミンの違いは?

よく聞かれる質問です。

「ベトナムって南北に長いけど、いろいろ違うの?」

私は、歴史や文化には地域性はありますが、大きな違いはない、とよく回答しています。

以下は個人的な印象にもなりますが、

ホーチミンはいつも暑く季節がないからかと比較的陽気な人が多いなと感じます。
街の成り立ちも少しトロピカルな賑やかな感じです。
食べ物では、小麦を使ったもの(パンやお好み焼きのようなもの)が多いように思います。

一方の北部ハノイは首都でもあり、厳格な印象です。
季節性もあり、冬場はコートがないと寒くて凍えます。
街は、しっかりとした治安対策が取られつつも、市民は楽しく生活をしています。夜は歩道のあちこちに小さな屋台ができてそこで食事をする人が多いのもホーチミンとの違いを感じます。
その食べ物は米粉を基本とした主食が多く、例えば麺類(フォーとかブン)や生春巻などで使うライスペーパーなどにも表れます。

文化的な側面が多くなってしまいましたが、こんな違いを感じています。

ベトナム人先生の日本語。うまく書けてますね。

ベトナム人先生の日本語。うまく書けてますね。

帰国の準備について

KIMG0045

帰国まで6ヶ月をきった実習生たち

帰国をする際に、実習生が気にするのが荷物の重さです。

ベトナム航空であれば、預け荷物2つ(合計で40kg)です。

手荷物は7kgまで。

以前は少し大目に見てくれていましたが、今は空港のチェックが厳しく

オーバーすることは許されません。

なので、実習生には荷物の重さと超過した場合は「お金を払わなければならないよ」と

必ず伝えています。

 

その他、直行便なのか経由便なのか、気にします。

ちなみに、経由便は荷物の量が23Kgまで、など更に少なくなりますので要注意です。

 

入国の時に40kgの荷物で来日する実習生は帰国の際に大変になりますので

気をつけてください。

 

 

技能検定(内装仕上げ)

学科試験説明風景

学科試験説明風景

今日は技能検定試験の実施日です。

今回の検定職種は内装仕上げです。

検定開始時間になると、検定員により試験の流れに関する説明を行いました。

まず学科試験の実施です。

所要時間は1時間で、全部で20問となります。

実習生には事前に過去問題を配り、勉強させましたがやはり不安があるようです。

実技試験説明風景

実技試験説明風景

 

学科試験の1時間経過後、実技試験を行いました。

検定員の説明を一生懸命聞いています。

実技試験の所要時間も同じく1時間です。

最終的に、実習生3名とも時間通りに作業が完了しました。

少しほっとしました。

残りは、結果発表のみです。

後日、合格になったことが判明しました。

これから実習2年目になります。引き続き頑張りましょう!

 

 

 

 

デジタルピッキングの現地面接

筆記試験風景

筆記試験風景

 

中国の山東省にある威海はこの季節になると、

とても肌寒く感じます。

しかし、本日面接に来た実習生応募者たちの熱気と、比較的和やかな温かさのようなものを感じました。

筆記試験は始まると、空気が一気に緊張感に変わるのを感じました。

それを見た私たちまで緊張感が走り、これからの実習を預かるという重責を感じました。

合格おめでとう♪♪

合格おめでとう♪♪

 

 

17名の応募者から厳選し、

最終的に5名の合格者を選ばれました。

合格したことが終わりではなく、

日本語の勉強、日本の生活一般に関する勉強の始まりとなります。

引き続き、頑張ってください。

 

帰国とトラブル

別れを惜しむ

別れを惜しむ

9月下旬のある金曜日、3年間の実習を終えた実習生が帰国予定でした。

DSC_04

お世話になりました

 

しかし、今回は国内線の飛行機が機材トラブルで飛ばなくなり、国際線に間に合わなくなってしまいました。

 

さぁ大変です。

急なトラブルで帰国できず泣き出す実習生も。

在留期限も今日で切れてしまう。入管に確認すると、4000円の手数料を払えば出国できると言われたので翌日土曜日の便を手配。

 

その翌日、いざ空港に行ってみると

止められた!品川の入管に手続きをしに行かないと出国できないとのこと。

 

また泣き出す実習生、一方では諦めモードの実習生(笑)

 

週明けの月曜日に品川の入管で「短期滞在」の「特別許可」をもらい火曜日に帰国できました。

 

帰国もこんなリスクがあるということを、勉強させられました。

組合講話

組合講話様子

組合講話様子

日本へ入国してきた実習生が1ヶ月間日本語を勉強している間、私は数回にわたって「組合講話」というものを実施しています。

すでに現地で勉強はしていますが、文化やルール、社会人としての意識を再度教育します。

 

会社に入って、まず初めに自己紹介をします。お決まりの自己紹介はつまらないので 、もっと自分を知ってもらうような自己紹介を考えてもらうようにしています。

料理が得意です!

料理が得意です!

自己PRが苦手なベトナム人は決まり文句を言う傾向があります。

 

そんな中、前回の組合講話ではベトナムの民謡を歌った子がいました。とても良いPRでした。

組合講話では、悪い人についても説明します。

 

悪い人というのは、在留カードをコピーしたり、不法滞在者に仕事を斡旋したり、銀行口座を売買したり、さまざまです。

そういったことを隠さず話すようにしています。なお、警察のホームページから関連する資料はダウンロード出来ます。

 

今後も実習生が経験しうる内容を盛り込んでやっていきます。

 

2017年第2回の日本語能力試験

2017年第2回日本語能力試験の申込む受付は8月31日(木)から開始しました。

試験日は今年の12月3日の日曜日となりました。

申込方法はインタネットによる申込みと郵送による申込むがあります。

試験実施案内: http://info.jees-jlpt.jp

多くの実習生に受験し、合格してもらえるよう、ビジネスプラザでは奨励金制度があります。9180[1]