技能検定

基礎級技能検定試験(内装仕上げ)

先日、ベトナム人技能実習生1号の基礎級検定試験に立ち会って参りました。

2号実習に進むためには合格が必須の試験ですので、会社様も実習生も団結して準備と勉強に取り組んできました。

試験当日は、実技試験の採点をする検定員の方が研修も兼ねて4名もいらっしゃる、緊張感あふれる試験となりました。

制限時間は60分ですが、前日の練習では45分で完成できるほど上達しておりました。
しかし当日はやはり緊張のためか時間ギリギリまで掛かってしまいました。
それでも大きなミスなく時間内に終えられたのは立派です。

心配そうに見守る先輩実習生

先輩の3号実習生も一生懸命指導、サポートをしてくれたので、同じくらい緊張して後輩の試験を見守っていました。

試験終了後は全員で片付けです。
最後まで気を抜かず真面目に取り組む姿は好印象でした。

ケガもなく無事に試験を終えることができ、ひとまず安心しました。
結果発表はもう少し先ですが、学科も実技も手応えがあるようなので自信をもって、その時を待ちましょう。

技能検定合格のご報告

コロナウイルス感染拡大防止の為、4・5月の対面での巡回は見合わせをしておりました。緊急事態宣言も解除となった為、まずは近場の秋葉原にある会社様の巡回へ行ってきました。

こちらでは2人のベトナム人実習生が働いていますが、現在技能実習2号で、あと残り2ヶ月ほどで帰国の予定です。
今現在はベトナムへのフライトはストップしており、帰国は難しい状況です。
2ヶ月後にはどうなるか不明ですが、コロナウイルスの影響で帰国が困難な場合、『特定活動(6ヶ月・就労可)』という在留資格への切り替えが認められています。2人も恐らく、特定活動へ変更し、帰国の目途が立つまでもう少し延長して日本で働く事になりそうです・・・。

実習生は、2号終了の約半年前に、随時3級の技能検定を受ける事となっております。2人は2月に検定を受けました。朝から雨が降り続き、試験会場は暖房のない倉庫でとても寒かったのを覚えています。少しの緊張はあったものの2人とも無事1回で試験をパスしました。

今回やっと、合格証を手渡しする事ができました。2人とも嬉しそうな笑顔!

2人は技能実習3号として来年再入国する予定となっていますので、これからも引き続き頑張ってほしいです。

2月の実技試験

技能検定試験(カーペット仕上げ)

先日、ある企業様のベトナム人実習生の技能検定試験が実施されました。

今回の試験は「基礎級」技能検定試験です。

1号(1年目)から2号(2年目)に移行するために合格が必須のもので、学科試験と

実技試験の両方で合格しなければなりません。

もしも合格ができなかった場合どうなってしまうか…

制度に則り、容赦なく1年で帰国することになります。

どんなに優秀で、日本語が上手な実習生でも避けられません。

実習生には一発勝負のつもりで試験に挑んでもらいますが、救済措置として

再試験の受験が可能。

試験のレベルとしては学科・実技ともに事前にしっかり勉強、練習を

していれば合格できる内容です。

だからといって油断は禁物ですよ。

 

今回の実習生は無事に合格できたでしょうか。祈りながら結果を待ちましょう。

<実技試験>なんとか時間内に完成できました。

 

後片付け、掃除、最後まで丁寧にしっかりできました。