中国人技能実習生との同窓会

パスポートを見ると4年ぶりの中国訪問で、中国人技能実習生の面接が今回の使命です。

面接を終えたあと、すでに帰国した実習生たちが、集まってくれて食事をすることができました。帰国から4年位経つ実習生もいますので日本で当時習得した技術とは別の仕事をしていましたが、日本語や日本に関係する仕事をしていて、その時の経験が彼らの人生を変えたのだなと感慨深いものがありました。

「日本ではいろいろありがとうございました。少し日本語忘れた!」と言っていましたが、みんな元気にやっているようで安心しました。

帰国した実習生が活躍しているのはうれしいですね。これからも母国でがんばってください。

いろいろと苦労させられたメンバーも集まりました。今はしっかり責任者をしていました。

いろいろと苦労させられたメンバーも集まりました。今はしっかり責任者をしていました。

 

SNSでもご購読できます。