2017年 4月 の投稿一覧

実習生の日本語の学習について

4月もあっという間に終わり、5月のGWも近づいてきました。

本日は実習生を受け入れて約2ヶ月の企業様の実習生の日本語の学習について記事にさせていただきます。

「カーペット系床仕上げ工業作業」の職種にて、2月に配属したベトナム人実習生の日本語学習となります。
受入企業様では、実習生に毎日日報を書かせており、指導員の社員様が毎日、赤ペンで添削を行っています。
添削のポイントとして、正しい日本語(漢字・文脈)が使われているか、当日の報告になっているか、等をチェックしています。

着任後はひらがなで2~3行であった日報も、指導員の方の日々のチェックで1ヶ月経ち、だんだん形になってきてきました。
指導員のチェックだけでなく、小学校2~3年生の漢字・国語ドリルを毎日仕事後の事務所にて勉強して、社員の方に採点してもらっています。
勉強を継続していく中で、日報内にて「誰と」「どこに」「なにを」を意識した内容の日報を書けるようになってきました。

しかし、1ヶ月経ち、社員の方から以下のような相談がありました。

==日本語を書くことは上達してきたが会話が上達しない==

1ヶ月後の巡回時に確認をしましたが、座学での学習に力を入れていたが、会話がほとんど上達していませんでした。
そこで、会社様と相談させていただき、次の1ヶ月は日本人との「会話」を頑張ろうと目標設定いたしました。
主に、休憩時間や昼休み、食事等の際に積極的に日本人の輪に入っていくことや、日本語のドリルの添削を決まった日本人社員だけでなく、話したことのない日本人社員に確認をすることを具体的な目標としました。

その1ヶ月後の巡回では、到着後、会社の休憩スペースで日本人社員の輪に入って話している実習生が出迎えてくれました。
1ヶ月間積極的に会話を努力し、社員とのリレーションや読み書きについても非常に上達しておりました。

このように、企業様が積極的に実習生の日本語教育に協力していただいている実習生は日本語の上達が早いと感じております。
ぜひ、このブログをご覧になった方がいらっしゃいましたら、実習生に積極的に話しかけてみてはいかがでしょうか。

KBP-Ashizawa

1期生の帰国

先日、新潟県内にて「水産練り製品製造」の職種にて実習生を受入れている企業様の1期生(ベトナム人実習生)の帰国がございました。

 

1期生の帰国は、どの企業様でも特別な思いがあることが非常に多いです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
  初めて実習生を受入れ
ーーーーーーーーーーーーーー

 

実は受入企業様の社員様の不安も大きいです。

 

どのように接したら良いのだろうか、日本語は通じるのだろうか、仕事は覚えてくれるだろうか、生活はできるだろうか。
配属される実習生以上に心配されている社員様もいらっしゃったりします。

 

そんな環境の中で、3年間一緒に仕事や生活をしていき、より良い実習環境や社員様との良好な関係の構築など、組合職員からは見えない日々のつながりがあったからこその特別な絆が生まれていることが多いです。
だからこそ、1期生の帰国は特別な思いがあるのかもしれません、見送りの社員、パートの方々が涙したり、実習生も涙したり。
空港のゲートでの最後のお別れでは「さようなら、日本のお父さん!」とお世話になったご年配の社員様に大きな声、笑顔でお別れをしており、よい環境の中で実習を終えたことに安堵しました。

 

1期生のみならず、実習生との接し方については数多くの社員様が不安に思うことが多いです。
組合では、月に1度の巡回以外にも、随時、社員様の不安の解消や実習生との意思の疎通もサポートさせていただいております。

 

ぜひ、ささいなこともお気軽に相談ください。

 

KBP-Ashizawa
帰国写真

新潟空港にて

日本文化の体験

実習機関で いつも 大変お世話になり

助けてくれるのが

社員さん、パートさんの存在です。

その地域のお祭り情報や

美味しいお店、お得なお店など

お昼休みは実習生と話しに花が咲くそうです。

日本語を覚えるには

雑談もとても良い方法だと思います。

 

写真は

私もお世話になっている

パートのM子さんが浴衣を着せてくださって

公園で撮った思い出の一枚。

「日本の文化を体験したい」

実習生の願いのひとつでもある

着物文化の体験です。

P_20170426_111952

 

 

 

 

 

 

 

 

それはもう

とてもとても喜んで

・・・なかなか脱ぎませんでした。

 

帰国が近づくと、順番で全員に着せてくれています。

(多いと手がつるそうです)

本当にありがとうございます。

今度は私も手伝いますね。

 

 

埼玉県に来ました

仲良くなりました

茨城県の語学学校から1時間半、埼玉県の会社に配属です。

「日本食は食べたことが無いから、何が食べたいか分からない。。。。」

恒例のうどん屋へ行きました。

てんぷらうどんは初!「おいしい!」と満足そう。

親子丼は「ちょっとしょっぱいな」

DSC_0136

これがうどんかぁ~

 

DSC_0142

サイズはどうですか?

寮へ行き、部屋を確認。収納がいっぱいで助かりますね。

DSC_0143

重いスーツケース。。。

DSC_0146

先輩のベッド

先輩は、ベッドに単語を書いたメモなどをたくさん貼って

常に日本語の勉強をしています。その甲斐もあり、会社の方からの信頼も厚く

冗談を言い合えるまでになりました。まだ日本での生活が半年なのに!

 

これから、先輩に頼りすぎずがんばって欲しいです。

面接&家庭訪問~中国人技能実習生報告

今回は中国の威海市に来ました。

4か月ぶりの面接となりました。今回は2社での共同面接を行いました。

面接写真2

緊張感が走る面接者

男性がメインとなり、全員スーツ姿で筆記試験を挑みました。

 

 

IMG_4017

 

 

IMG_4010

皮むき実技試験

まずは、実技試験(リンゴ皮むき)を行いました。

全員は男性ですが、器用に意外と素早く、きれいに剥くことができました。

 

その次、個人面接を行いました。9人のうち3人が採用となりました。

 

その後、家庭訪問にも行ってきました。決して豊かではない村で、実習生のお母さんと話をすることができました。「息子には日本に行ってもらって、たくさん勉強してほしい」と話され、お母さんがとても感動していたことが印象的でした。

IMG_4032(1)

実習生がいる村の風景

IMG_4034

実習生の自家

 

春到来~中国人技能実習生と

今日は東京ドームに来ています。

今日は東京ドームに来ています。

背後にきれいなサクラが咲いています。

背後にきれいなサクラが咲いています。

女性技能実習生10名もいるグループです。

1年職種での実習となりますが、日本にいる1年の間にできるだけ日本での生活を満喫しようと、

楽しく過ごしています。

今回は会社の社員の方に引率して頂き、東京ドームに来ています。

 

ジェットコースターに乗る前に記念写真を。

また、きれいなサクラも咲いいます。実習生10人は非常に感動して、たくさんの写真を撮りました。

 

休憩時間に甘い飴で疲れを取る

休憩時間に甘い飴で疲れを取る

 

夜勤の仕事でも毎日楽しく、仲良く技能実習を行っています。

ベトナムハノイの技能実習生送出し機関視察

ベトナムには技能実習生を派遣する送出し機関が236あります(執筆時現在)。

その中で今回2社を訪問してきました。

 

DSC_0021[1]

スカイプで日本の企業とつないで勉強しています

1つめは、ベトナム軍と関係の深い送出し機関で、服装も軍服に近い雰囲気です。日本人が8人来たため、歌をうたってくれました。

質問などで交流をした際には女性の技能実習生から、鋭い質問を受けて日本人のお客様もタジタジとなりました(笑)。

また別室では、スカイプで専門用語の勉強をしていました。

 

DSC_0045[1]

立って勉強。辞書はとても分厚い!

2つ目の学校では、立って勉強をしています。

だらけず気合が入る効果があると言っていました。皆さん背筋をピッと張って勉強をしていますので、居眠りなんかできませんね。

 

 

 

2つの学校とも、実習生はとても真面目で、その真面目な態度や素直さに感動して「日本から来ると自分たちが恥ずかしくなる」という感想を持たれる方も複数いらっしゃいました。

いろいろと発見のある視察でした。

技能実習生がベトナムから来ました

DSC_0084[1]3月に入国して、4月3日晴れて企業へ着任となりました。

先輩実習生もいるので、ベトナム語での指導もとてもスムーズです。

寮は先輩実習生と別の場所になります。先輩実習生はさかんに「キレイだキレイだ」と羨ましがって困ります(笑)

初日には当面の食料の買い出しに付き合うことも多いのですが、文化の違いなどから発生する微笑ましいトラブルがあります。

今回は、ほうれん草の買い占め状態でした。葉物なのであまり長持ちしないと思うのですが・・・3名で10袋は購入していきました。

ポパイのように頑張ってください!

 

惣菜製造業 技能評価試験(初級)受けました!

DSC_0125
惣菜製造業技能評価試験

惣菜製造業技能評価試験

2年目に資格変更をする際に必ず必要な試験。実技試験&学科試験。

不安そうな顔で、手足も冷たくなり、緊張MAX!

学科試験の説明を受けているところ

学科試験の説明を受けているところ

 

早く帰りたい。。。。そんな気持ちを抑えながら

何とか試験終了!笑顔で帰っていきました。

お疲れ様!