2016年 9月 の投稿一覧

外国人労働者の受け入れは賛成?反対?外国人労働者の受け入れメリット

ベトナム人技能実習生の入国時の様子

ベトナム人技能実習生の入国時の様子

日本は経済連携協定(EPA)に基づき、平成20年度よりインドネシア、平成21年度よりフィリピン、平成26年度よりベトナムからの看護師・介護福祉士候補者の受け入れを開始しました。 看護師・介護福祉士国家試験に合格するため、外国人候補者が日本語に悪戦苦闘する姿がメディアでも取り上げられ、覚えている方も多いのではないでしょうか。

国内の労働力減少などを背景として、政府は外国人労働者の受け入れ拡大を進めようとしていますが、外国人労働者の受け入れを懸念する声もあります。 今回は外国人労働者の受け入れメリットと、受け入れる際の注意点についてご紹介します。

続きを読む

外国人技能実習生の失踪者数は過去最多!失踪・逃亡を未然に防ぐ方法

ベトナム人技能実習生の出国風景

ベトナム人技能実習生の出国風景

技能実習生の数は年々増加し、平成27年末には192,655人に達しました。
日本の優れた技能や技術を学ぼうとする技能実習生の増加は好ましいことですが、外国人技能実習生の失踪者数増加も看過できない問題です。
平成28年3月11日の法務省発表によると、失踪した技能実習生の数は平成28年1月1日現在で5,904人となり、過去最多を記録しています。
今回は実習生が受入れ先企業から失踪・逃亡することを未然に防ぐ方法についてご紹介します。

続きを読む

外国人研修制度から何が変わった?外国人研修生と実習生の違い

日本語教育を受けるベトナム人技能実習生

日本語教育を受けるベトナム人技能実習生

外国人研修・技能実習制度は、国際貢献を目的として開発途上国の外国人を一定期間受入れ、OJTを通じて技能移転する制度です。

平成5年に創設された本制度ですが、平成22年7月1日の制度改正に伴い、外国人研修生が従事できる活動が限定されるとともに、在留資格「技能実習」が創設されました。

今回は外国人研修生と技能実習生の違いについてご紹介します。

続きを読む

【外国人技能実習制度の改正】技能実習生受入が延長!最長5年制へ

ベトナムで日本語教育を受けいている技能実習生

ベトナムで日本語教育を受けいている技能実習生

外国人技能実習制度は、日本の優れた技能・技術・知識を外国人技能実習生に習得させ、母国の経済発展を担う人材育成などを目的としています。 実習生受入先にとっては、国際貢献及び良い働き手の確保のために欠かせない制度です。
しかし、現行の外国人技能実習制度における受入期間は3年であり、日本にやってきた実習生は仕事に慣れたタイミングで帰国しなければなりません。 そこで議論されるようになったのが、実習生の受入期間延長です。今回は外国人技能実習制度改正による、実習生の受入期間延長についてご紹介します。

続きを読む

技能実習生受入れWeb新聞が開始!

協同組合ビジネスプラザでは現在受け入れしている技能実習生が延べ約500名以上となり、今後も増加傾向にあると考えます。

まだご存知のない皆様やこれから受入れを検討されている企業様、既に実習生受入れしている担当者の皆様に向けてこの制度を広く皆様に認知してもらおうと技能実習生に関する情報を配信していくことに致しました。

どうぞご期待ください。