ベトナム人実習生帰国チャーター便関連情報

ベトナム行きの飛行機は、現在もまだ通常便は運航していないため、帰国を希望する実習生は大使館や民間のチャーター便を利用する事になります。

大使館便については希望者も多く、予約が取れるかどうかも確実ではないため、実習生の多くは民間のチャーター便にて帰国をしている状況です。

民間のチャーター便にて帰国する場合、出発前にPCR検査を受けて陰性証明書を取得する必要があり、ベトナムへ到着後は14日間ホテルでの隔離生活となります。費用も高く、隔離期間も長く、帰りたいけど迷いがある実習生も多いようです・・・。

最新情報では、コロナワクチン接種済のベトナム人を対象としたチャーター便が運航するようです。こちらの利用者は隔離期間が7泊8日に短縮となります。9月初旬に初の試みで第一便が運航し、今後も増便されるのではと期待されています。すでに10月にも運航計画が立っているようです。

条件としては、
①ワクチンを2回接種済である事
②2回目を接種してから14日間以上経過している事
③ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を提出する事
をクリアしなければいけません。

出発前(出発日72時間前以降)のPCR検査については、この便を利用する際にも必要です。検査はRT-PCR形式、採取方式は鼻咽頭ぬぐい、そして英文での陰性証明書(医療機関の印鑑があるもの)を取得しなければいけないので、ご注意を!

また、ベトナムへ到着後に抗体検査が実施されるようです。抗体の確認ができなかった場合には、隔離期間は延長となってしまうことも・・・。

いろいろ細かい決まりがあるので、漏れのないようしっかり確認の上、申し込みをしなければいけませんね。ワクチン接種済で帰国を希望している実習生には、是非とも勧めていきたいと思っています。

※上記は2021年9月9日現在の情報につき、今後は変更になる可能性もあります。

技能実習生受入れ・特定技能登録支援機関ならビジネスプラザのご検討を!

技能実習生受入れ制度・特定技能登録支援機関の検討をされている企業の皆様、ぜひビジネスプラザにお任せください。ビジネスプラザは以下の特徴があります。

1.受入れ実績が約1,000名以上
2.ベトナム、中国、タイ、インドネシア、ミャンマーからの受入れが可能
3.組合所属の通訳が言葉の困ったをスピード解決
4.日本入国時の日本語力のレベルの注力

お気軽にお問合せください。

お問合せ先:協同組合ビジネスプラザ 国際事業部 03-5402-4866(代)

 

お問合せ

SNSでもご購読できます。