技能実習生ニュース

実習修了後の退職(転職)について

ベトナムへの帰国については、
最近、変異株が猛威を振るっており、ベトナム国内でも感染者が急増し、現在も困難な状況が続いております。
技能実習が修了した場合、現時点では次の選択肢があります。

①帰国が困難な場合
「特定活動(6か月・就労可)」又は「特定活動(6か月・就労不可)」への在留資格変更
※「特定活動(6か月・就労不可)」又は「短期滞在」等就労が認められない在留資格で生計維持が困難な場合は,資格外活動許可(週28時間以内)受けて就労することも可能。
※「特定活動(6か月・就労可)」は,従前と同一の業務(注)で就労を希望する方に限ります。

②技能検定等の受検ができないために次段階の技能実習へ移行できない方
受検・移行ができるようになるまでの間,「特定活動(4か月・就労可)」への在留資格変更が可能

③実習先の経営悪化等により技能実習の継続が困難となった方(新たな実習先が見つからない場合)
特定産業分野(介護,農業等の14分野)で就労が認められる「特定活動(最大1年・就労可)」への在留資格変更が可能
なお①同様、予定された技能実習を修了した技能実習生であって,本国への帰国が困難な方も対象となります

④「特定技能1号」「技能実習3号」への移行のための準備がまだ整っていない方
移行準備の間,「特定活動(4か月・就労可)」への在留資格変更が可能

最近は①または③の実習生修了者が多くいます。
①はイメージとしては、同じ会社で技能実習と同じ業務を続けるイメージです。
③がなかなか斬新で、技能実習が終われば、帰国できない・雇用継続困難等理由は幅広く、特定技能に移行できるものとなります。そのため、いろいろなところから実習生が転職していますが、結構多くの実習生が悪いブローカーの情報で動いています。ベトナム人ブローカーが暗躍しているようで、心配しております。実際、「特定技能の仕事を紹介するから5万でいいよ」のような話が実習生のところに来ています。
ブローカーを通じて手配しないように、周りの人達が注意してほしいと思います。
できる限り知っている監理団体等を頼ってもらえると安心です。

中国人技能実習生が帰国する際の新型コロナ関連手続き(飛行機・PCR検査等)

先日、中国人技能実習生が帰国しました。

その際の手配などについてまとめます。

■前提
・現在、中国人と言えども中国への入国は制限されています。
・技能実習生も同様です。
・隔離があります。

■あらかじめ行うべきこと
・PCR検査とIgM抗体検査
 中国政府の指示により、「特定」の医療機関で検査を受け、証明書をもらっておく必要があります(2日以内)。
  ※医療機関は更新されます。最新の情報をご確認ください。
・健康コード申請
健康状態などを記入するアプリに登録・申請する必要があります。
 搭乗便によって、健康コード申請の締切時間が決められていますので、守ってください(だいたい半日前)。

■飛行機について
・搭乗できる便は決まっています。中国大使館のHPに一覧があります。※最新の情報をご確認ください。
・少ないながらも成田発の定期便はあります。この時の料金は約10万円程度でした。

■隔離について
・中国入国後に14日間の隔離があります。
・中国入国後の隔離に加えて、その次の移動先でも14日間の隔離があります。

特定技能(建設)について

当組合では、特定技能の建設の新規支援は行っておりませんが、まとめてみました。

  • 条件
    1. 建設業の許可を持っていること
    2. 建設キャリアップシステムを導入すること
    3. 建設業界団体に加入すること
  • 費用について
    • 上の2,3については費用が発生します。
      • 建設キャリアップシステム
        • 事業者:1社あたり5年有効 48,000円(資本金2千万から5千万の場合)
        • 技能者:1名あたり9年有効 2,500円
        • 管理者ID:1名1年有効 11,400円
        • 現場利用:1回1名分 10円
      • 建設業界団体(ここではJACに賛助会員として加入した想定)
        • 事業者:1社1年 240,000円
        • 外国人:1名1ヶ月 12,500円(技能実習2号からの場合)

など、となっております。

条件は他にもあります。

  • ハローワークに求人票が出ていること(1年以内)
  • 同等経験の日本人の賃金台帳等
  • 日本人と同等の給与以上を月給で支払う。
  • 昇給計画
  • 就業規則/賃金規程

などをあらかじめ準備しておくとよいと思います。

チャーター便にてベトナムへ帰国

ベトナム行きの飛行機はまだ通常運行していないため、現在不定期のチャーター便のみとなっております。搭乗希望者は大使館のHPより申込みをします。

今回帰国する事になった実習生は、搭乗日2日前にチャーター便に当選したとの連絡が入りました。
バタバタで帰国準備です・・・急いで航空券代の支払いをし、ベトナム到着後14日間の隔離施設の予約も自分で手配が必要となります。

帰国当日。成田空港10:00発のため、余裕を持って3時間前の7:00にカウンターに行きましたが、既に長蛇の列!!そしてみんな大荷物を抱えています。

なかなか列も前に進まず、カウンターでの手続きまでに1時間以上もかかりました。

ずっと帰国を待っていたので、やっと帰国できる事になり実習生も安堵の表情を浮かべて、元気にゲートへ入って行きました。日本での実習お疲れ様でした!

レジデンストラックによる入国

政府は10月1日から、全世界からの新規入国受け入れを一部再開をすることを決めました。

今回ご紹介するのは中国からレジデンスドラックを利用して入国した実習生たちです。

コロナウイルスが流行し始めた2月にWEB面接を行い、7月入国を予定していまいしたが、入国ができない状況が続いていました。

11月に入り、やっと中国からの入国もできるようになり、待ちに待った日本での技能実習もやっと開始することできます。

最近ではまた新型コロナウイルスの感染人数が増加し続け不安ですが、日本への入国は緊張しながらも期待していました。

これからもコロナウイルスに負けずに技能実習に取り組んでいきましょう。

いよいよ出国となります。
オンライン授業参加中
隔離中はオンライン授業


ベトナム人実習生の帰国便手配

ベトナム人実習生の商用便での帰国がまもなく開始されそうです。
ベトナム大使館からの情報によると、
11月からベトナム大使館手配便は終了して、民間の飛行機にて帰国が可能になる、というものです。
早く帰れるようになるといいです。


http://www.vnembassy-jp.org/vi/th%C3%B4ng-b%C3%A1o-v%E1%BB%81-c%C3%A1c-chuy%E1%BA%BFn-bay-th%C6%B0%C6%A1ng-m%E1%BA%A1i-th%C3%A1ng-11

コロナ禍での実習生帰国

先週水曜日、中国人技能実習生1名が帰国しました。

日本から中国へ渡航する場合は、新型コロナウィルスPCR検査の陰性証明を提示した上で搭乗しなければなりません。

実習生も事前にPCR検査を受けました。

結果が出るまでの時間は病院によって違います。今回利用した病院では検査結果が出るまで2日間かかりました。

検査する際は実習生が少し風邪気味で、心配していましたが、結果が陰性になって安心しました。

検査証明書

空港でのチェックイン手続きを順調に進め、無事に搭乗することができました。

その後、予定時刻通りに目的地の福州に到着、空港で健康状態の申告、PCR検査などを受け、問題が無かったので入国することができました。

出国前

そして、隔離施設への移動となりました。

このような施設で14日間の隔離を行います。
宿泊料金は1泊4700円となり、食事代は1日3食込みで1500円ぐらいでした。
ホテルも奇麗だし、ご飯も美味しいし、この2週間は太りそうですね。

何といっても母国に無事に帰れたことが本当に良かったです。

技能実習生入国時の14日間待機緩和

報道によりますと、
在留資格を持つ外国人が日本に入国する際、
訪問先などを記入した「活動計画書」の提出や、入国後14日間は公共交通機関を利用しないことなどを条件に、14日間の待機を免除するという検討を今月にも行う、というものです。
技能実習生の日本入国もそうですが、帰国もできるようになると実習生も安心できます。

まずは飛行機が飛ぶようになるといいですね・・・

全世界からの入国が可能に

観光客を除いて、全世界からの入国を来月から一部解禁と政府は発表しました。

朝日新聞によると、政府は来月初めにも、全世界からの新規入国の受け入れを一部再開する方向で検討に入りました。

ビジネス関係者に限らず、3か月以上の中長期の滞在者を主な対象とし、観光客は除きます。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2週間待機などの条件を課し、入国枠も最大「1日1千人」程度に絞ります。

現在、世界の159か国・地域について、日本からの渡航中止を勧告し、外国人の入国は原則拒否しています。これまでは例外措置として、感染状況の落ち着いているアジアなどの16か国・地域を選び、ビジネス関係者の往来再開に向けて交渉していました。

このうちタイやベトナムなど7か国・地域との間では7月末以降、長期滞在者の往来が再開しました。これを受けた感染拡大が「現時点で見られない」ほか、欧米などの要請もあり、全世界からの入国を緩和する方向となりました。入国拒否の例外を拡大する形で、人数や条件の面で制限をかけつつ、対象の在留資格や地域を広げます。

弊組合ではタイとベトナムの新規入国技能実習生に対し、レジデンストラックを使ってビザの発給申請をしています。

入国緩和によって、母国でお待ちいただいた技能実習生たちがようやく入国できる日が見えてきました。

最低賃金の変更/2020年(令和2年)

都道府県別に定められている地域別最低賃金については、40県で1円から3円引き上げられ、10 月1日から10月9日までの間に順次発効・公示されます。
改定された最低賃金額を下に貼ります。

改定された県においては、発効日以後は、実習実施場所がある地域の改定された最低賃金額以上の賃金を支払う義務があります。

今後、順次特定最低賃金の改定も行われる可能性がありますが、各地域で適用の
ある業種の実習実施者につきましては、適宜確認をお願いいたします。

https://www.otit.go.jp/files/user/docs/200910-2.pdf

最低賃金について(OTIT)